来る10月20日(土)より開催される「コリアン・シネマ・ウィーク」の来日ゲストが決定した。

 

2001年からスタートし、今年で12年目を迎える「コリアン・シネマ・ウィーク」は、韓国映画を通じて韓国の映像文化とともに多様な文化や社会、さらには韓国人の情緒などを紹介し、韓日の文化交流と友好親善の増進に寄与することを目的に開催されている。毎回作品性の高い多様なジャンルの韓国映画を上映、今年も『建築学概論』や『サニー』などの話題作を一挙上映する。

 

その「コリアン・シネマ・ウィーク」今年のゲストには、「合唱」のチョ・ジョンレ監督、「建築学概論」のイ・ヨンジュ監督が来日、作品上映後の舞台挨拶が予定されているそうだ。

 

◎ ゲスト&スケジュール
・10月20日(土) 15:30~ 「合唱」 ゲスト:チョ・ジョンレ監督
・10月21日(日) 18:30~ 「建築学概論」 ゲスト:イ・ヨンジュ監督

 

◎ チョ・ジョンレ(監督)
1973年生まれ。
中央大学(韓国)映画学科卒業。
大学卒業後、多数のTVプログラムや公演などの演出をする。
現在、映画監督とともに、伝統的なコンテンツをベースにした
文化商品の企画・開発などをする会社の代表でもある。
「合唱」は監督デビュー作。2012年に韓国で公開。

【主な作品】
・ 合唱(2011年)
【主な受賞歴】
・ 第13回 ソウル国際青少年映画祭 SIYFF観客賞

 

◎ イ・ヨンジュ(監督)
1970年ソウル生まれ。
延世大学 建築工学部卒業。
2003年、ポン・ジュノ監督の「殺人の追憶」の演出部を通じて
現場の経験を積み、長くに渡りシナリオの執筆を行う。
2009年に「不信地獄」で監督デビューを果たす。
監督2作目の「建築学概論」が2012年に韓国で公開され、大ヒットする。

【主な作品】
・ 殺人の追憶(2003年)演出
・ 不信地獄(2009年)監督・脚本
・ 建築学概論(2011年)監督・脚本
【主な受賞歴】
・ 第10回 釜山映画評論家協会賞 新人監督賞(2009年)
・ 第30回 青龍映画賞 脚本賞(2009年)

 

※イベント詳細 駐日韓国文化院ホームページ