女優のキム·テヒがデビュー以来初めて史劇に挑戦、韓服姿での演技に注目が集まっている。

 

デビューから12年、キム·テヒは8日午後に来年3月放送されるSBS時代劇『チャン·オクチョン – 愛に生きる』への出演を確定した。

 

デビュー後初めての史劇挑戦に韓服を着た姿がどうなるのか関心が集まるなか、先月公開された寝具ブランド秋夕グラビアが再び注目を集めているという。

 

キム・テヒの地上波初の史劇となる本作は、2011年にソン・スンホンと共演したMBCドラマ「マイ・プリンセス」以来、約2年ぶりのドラマ登板となる。