来る15日のカムバックを予告しているmissAのコンセプトは ”強い女性”?

 

今回のカムバックでタイトル曲に選ばれたのは、パク·チニョンの軽快かつ大衆的なメロディーが印象的なダンス曲『男無しでも生きるいける』

 

パク·チニョンが作詞、作曲したこの曲は、若い女性の日常を歌ったものだと言うが、タイトルからはどんな曲になるのかなかなか想像出来ないが、関係者は「自信を持って堂々と生きていくこの世界のすべての女性たちのために歌う」とコンセプトの内容を説明している。

 

アルバムタイトル『Independent Women pt.Ⅲ』(自立した女性)を含め、いまや「国民の初恋アイコン」となったスジらがどう表現するのか興味が尽きないが、『Independent Women』は彼女たちが敬愛する『Destiny’s Child』の同名曲へのオマージュでもあるのだと伝えられている。

 

missAの5枚目のミニアルバムは来る15日に発売される予定で、前述の『男無しでも生きるいける』ほか、2PM・テギョンとコラボした『Madness』など全5曲が収録される。

 

 

『Independent Women pt.Ⅲ』


01. 男なしでも生きていける
02. Ma Style
03. If I Were A Boy
04. Madness (feat. テギョンof 2PM)
05. Time’s Up

 

 



(C)JYP Entertainment