10月4日(木)より開幕した第17回釜山国際映画祭の関連イベントとして、『王になった男』(来年2月日本公開)のシネマトークが、映画祭のメイン会場でもあるセンタムシティ広場にて実施され、主演のイ・ビョンホン、リュ・スンリョン、チュ・チャンミン監督がステージに登場した。

 

3人が幾重にもなった観客の間に設置された花道を手を振りながらにこやかにステージに登壇すると、若い女性から年配の方までその黄色い歓声と拍手が鳴りやまないほどで、韓国では9月13日から公開され、『バイオハザードV リトリビューション』などのハリウッド大作を押しのけて興行成績No.1となった本作の人気の高さをうかがわせた。

 

映画はこの日、韓国で800万人動員を目前にしており、ステージ上で感想を聞かれたイ・ビョンホンは、「とにかく皆さんに感謝しています。多くの方に観ていただいて本当にうれしいです。」と笑顔で答えた。さらにこの勢いで、もし1000万人を達成したら何を公約するか?と司会者から聞かれると、リュ・スンリョンは「前のイベントでは皆さんに映画に出てくる飴をプレゼントしたんですが、今度は飴でも何でも皆さんに私が直接ふるまいますよ!」と自信満々に語り、チュ・チャンミン監督は「実は(王妃役の)ハン・ヒョジュさんの出演シーンを仕方なくカットしてしまったんですが、1000万人突破したらディレクターズカット作ります!そのシーンも必ず入れます!」と宣言、観客から喝采を浴びた。

 

 

 


 

 

一方、イ・ビョンホンは「1000万人は達成できる可能性が十分にあるので、僕は1300万人突破したら…という公約でいいでしょう?」と語りながら、「1300万人達成したら、劇中の王の格好で観客の皆さんに挨拶しに行きます!僕が(撮影などで海外にいても)どこにいても必ず王の格好で」と話し、「でも、きっと自分で衣装を持っていくだけで大変だから、髭までは王仕様にカットするのは大変なんで、勘弁してくださいね」と笑いをさそい、会場を盛り上げた。

 

また、劇中でビョンホン演じる王の身代わりになった男を厳しくも見守る側近役のリュ・スンリョンとビョンホンは同じ年で、映画祭のレッドカーペットには腕を組んで現れたほど仲が良く、二人の息の合った演技を知っていてキャスティングしたのか?と聞かれると監督は「そうですね、本当に息がぴったりで、文句なしでした」と話し、この日のトークでも、お気に入りのシーンが同じであることが判明。実際、本編でも二人のやり取りは時には軽妙に、時には緊張感があふれ見応え十分で、二人のトークの言葉の端々には作品への並々ならぬ思い入れも感じられた。

 

このあと3人は、海雲台会場の映画祭オープントークに登壇。何時間も前から場所取りをする観客含め、会場の周りの道まで人があふれ大盛り上がり!日本での大ヒットも予感させる熱気あふれたイベントとなった。
 

 
 
『王になった男』
絢爛豪華な王朝時代、歴史から消された15日間があった -
1616年、朝鮮第十五代王・光海君(クァンヘグン)。権力争いのため毒殺の危機に怯える暴君・光海と瓜二つだった道化師のハソンは、王の影武者をつとめることになる。彼を王に仕立て上げる重臣たち、王を偽物ではないかと疑う家臣たち、そして心が通い合わなくなっていた王の突然の変化に戸惑う王妃—。さまざまな人間関係が複雑に絡み合う宮中で、平民であるハソンは戸惑いながらも、次第に操り人形ではない民のことを考える真の王としてまわりを魅了していく―。
イ・ビョンホンは暴君である光海君と心やさしい道化師のハソンの一人二役に挑戦。まったく性格の異なる役を完璧に演じ分け、すでに公開されている韓国でも大絶賛されている。脚本は『オールド・ボーイ』のファン・ジュエン、監督は『麻婆島(マバド)』『あなたを愛しています』のチュ・チャンミンが手掛けている。 絢爛豪華な王朝時代を背景に、歴史から消された15日間に“王となった男”を緻密な構成とドラマチックな展開で描いた、2013年を代表する歴史大作。
 
 
2012年/韓国/131 分
監督:チュ・チャンミン (『麻婆島(マバド)』『あなたを愛しています』)
脚本: ファン・ジュエン(『オールド・ボーイ』)
キャスト:イ・ビョンホン/リュ・スンリョン/ハン・ヒョジュ/キム・イングォン/シム・ウンギョン
配給:CJ Entertainment Japan
製作:リアルライズピクチャーズ
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
2013年2月 全国ロードショー