B1A4がカムバックを控えて3枚目となるミニアルバム『Tried to Walk』のティーザーを公開した。

 

5日、B1A4公式ホームページ通じて公開された今回のティーザーは、メンバーの顔や音源多岐な露出が一切無い抽象的なものでファンには気がかりな内容だ。

 

寂しい風の音と原野を誰かが歩くような映像だけがリプレイされ、「2012 11 12 B1A4 THE 3RD MINI ALBUM」という文を通じてB1A4のカムバックの事実だけを知らせている。

 

このティーザーに接したファンたちは「新しいコンセプトを推測する手がかりが全くないから一層気になる」「なんだか晩秋の雰囲気とよく似合う穏やかなバラードでカムバックするのでは」「途方もない変身をして出てきそうな予感」など、様々な意見を寄せながら今回のアルバムに対する期待感を示している。

 

B1A4は、12月8〜9日に開かれる初の単独コンサートが前売り開始5分で完売するなど大活躍を続けており、新しいアルバムに対する期待感もより強くなっている。

 

B1A4は7日にメンバー個人ティーザー公開を開始し、来る12日の正午に3アルバムの全曲音源を公開して本格的なカムバックカウントダウンに入る。

 

 

(写真:公式ホームページより)