JYJのキム・ジェジュン初主演映画として全世界から熱い注目を集めている超話題作『자칼이 온다(ジャッカルが来る)』の邦題が『コードネーム:ジャッカル』に決定。2013年5月3日(金)から全国公開される。

 

本作品は、韓国で11月15日より公開され、各上映回が連日満席となる超大ヒット作。伝説の殺し屋(ソン・ジヒョ)がトップスター、チェ・ヒョン(ジェジュン)を拉致する事から始まる、様々な出会いと人間模様を描くスリリングで予測不能なストーリー展開が魅力のラブサスペンスだ。

 

主演のキム・ジェジュンは<女性より美しい容姿><圧倒的なカリスマ性>を誇り、日本をはじめ全世界で圧倒的な人気を得るアーティストとして活躍する傍ら、ドラマ「素直になれなくて」(日本ドラマ)、「天国の郵便配達人」(北川悦吏子脚本のテレシネマ)「ボスを守れ」「Dr.JIN」(韓国ドラマ)など次々に出演し、その演技力も高く評価されている。

 

今回、『コードネーム:ジャッカル』では、さらに演技の枠を広げ、これまでとは全く異なる“壊れた姿”を披露し、新たな魅力を開花。また、今回は自らが歌い作詞にも参加しているエンディング曲や劇中音楽も関心を集めている。

 

 

『コードネーム:ジャッカル』
2013年5月3日(金)全国公開

 

【作品概要】
伝説の殺し屋ジャッカルとトップスターのスリリングな誘拐劇を描いた映画『コードネーム:ジャッカル』
天然な女性殺し屋(ソン・ジヒョ)が、依頼を受けて人気歌手(ジェジュン)を拉致し、とんでもない方法で殺害しようとしているうちに、様々な思惑を持った人々が絡み合い、警察まで出動し事態は思わぬ方向へ。
監督は『彼女を信じないで下さい』のペ・ヒョンジュン。殺し屋ジャッカル役に『拝啓:愛してます』ドラマ「宮~Love in Palace」のソン・ジヒョ。

 

【作品情報】
監督:ペ・ヒョンジュン 『彼女を信じないで下さい』
出演:キム・ジェジュン『天国の郵便配達人』「素直になれなくて」、
ソン・ジヒョ『拝啓、愛してます』「宮~Love in Palace」
オ・ダルス『グッド・バッド・ウィアード』、ハン・サンジン「根深い木」、キム・ソンリョン「追跡者 THE CHASER」

 

配給:クロックワークス、ショウゲート
(C)2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved