韓国で社会現象となる“初恋ブーム”を巻き起こした映画「建築学概論」の日本公開が決定した。

 

映画「建築学概論」は、大学の初恋の相手だった女性が15年後に突然現れ、建築士の自分に家を建ててほしいと頼むことから始まる物語。過去と現在を行き来しながら、現在の家を建てる過程と初恋の思い出を回想する構成となっており、現在の主人公ソヨンとスンミンをハン・ガインとオム・テウンが、20歳のころのふたりをK-POPグループ“Miss A”のスジと俳優イ・ジェフンが演じる。恋愛映画にも関わらず特に男性たちが“泣ける”と熱狂。爆発的クチコミと驚異的なリピート率で410万人を動員し、韓国のこれまでの「頭の中の消しゴム」(256万人)、「私たちの幸せな時間」(313万人)という恋愛映画の興行成績を6年ぶりに塗り替えた。

 

本作で抜擢された新人たちも大ブレイク。若き日のソヨンを演じたスジは“国民の初恋”と呼ばれ、第二のチョン・ジヒョンと目され、2012百想芸術大賞新人女優賞を受賞。また若き日のスンミンを演じたイ・ジェフンはプサン映画祭の閉幕式MCに抜擢され、スンミンの親友を演じたチョ・ジョンソクは2012青龍映画賞新人男優賞を受賞している。

 

映画振興委員会主催’2012年韓国映画観客1億人突破記念イベント “で、1000万人を動員した「泥棒たち」「王になった男」を押さえ『もう一度見たい映画NO1』に本作が選出され、また2012年流行語大賞では映画部門で唯一本作のナプトゥギの口癖「どうする、お前」が江南スタイルなどと一緒に選出されるなど大旋風をおこした映画『建築学概論』 は、2013年初夏に公開される。

 

 
 

 
【STORY】
建築家スンミン(オム・テウン)の前に、15年ぶりに家を建ててほしいと現れた謎めいた美女ソヨン(ハン・ガイン)。彼女はスンミンの大学時代の忘れられない初恋の相手だった。ソヨンの難しい要望を聞きながら、スンミンは彼女の実家であるチェジュ島の家を完成させていく。その建築の過程で次第に明らかになるソヨンの素性。そしてよみがえる不器用に失ってしまった愛の記憶と、新たに生まれてくる暖かな感情。しかしスンミンには婚約者がいた。やがて、ふたりのつくる家が完成するとき?。

 

【STAFF】

監督:イ・ヨンジュ 『殺人の追憶』(03)ポン・ジュノ監督のもとで演出部として参加。
『不信地獄』(09)で監督・脚本デビュー、本作は監督2作目。監督自身が建築学科出身である。

 

【CAST】
オム・テウン 「シルミド」「魔王(TV)」
ハン・ガイン 「マルチュク青春通り」「太陽を抱く月(TV)」「赤と黒(TV)」
スジ 「ドリームハイ(TV)」「ビッグ(TV)」本作で2012百想芸術大賞新人女優受賞
イ・ジェフン 「高地戦」「ファッション王(TV)」2011大鐘賞&青龍映画賞&映評賞の新人賞受賞
チョ・ジョンソク 「キング(TV)」 本作で2012青龍映画賞新人男優受賞

 

(韓国/2012年/117分/カラー/韓国語/原題:建築学概論/2012.3.22韓国公開)
2013年初夏、新宿武蔵野館、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー!!

(c)2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved