【記者会見レポ】7周年を迎えるApeace(エーピース)!

7周年記念公演は東海テレビとMnetで放送決定!

「もっともっと成長していくApeace、みなさんと一歩ずつ歩いて行きたい」

 

 

 

このたびデビュー7周年を迎える韓国ボーイズグループ:Apeace(エーピース)が、2018年5月9日に東京都内で記者会見を行った。

5月27日には7周年記念公演「Apeace JAPAN debut 7th Anniversary SPECIAL TALK & LIVE “Already in progress”」の開催が決定しており、その模様は東海テレビで7月にオンエア予定。さらにMnetでは8月下旬に完全版としてオンエアが決定している。さらにMnetSmartでも配信予定。

 

 

 

ーー7周年を迎えたお気持ちは?

 

ソンホ:7年間あっという間でした。嬉しいことも辛いこともありましたが、7年も(ステージに)存在し続けられて嬉しいです。これからももっと成長していくApeaceをみせますのでみなさん期待してください。

 

ジュンシク:7周年を迎えられて本当に嬉しいですし、10周年も20周年もむかえることができるように頑張りますので、これからもよろしくお願いします。

 

シヒョク:7周年を迎えられて光栄ですし、この7年間いろんな思い出があります。お兄さんたちと一緒にいられたことにも感謝しております!僕たちを守ってくれたファンたちであるApngelpeaceのみなさんにもとても感謝しております。これからも、もっと頑張るAeaceになりますのでどうぞよろしくお願いいたします!

 

J.D:数字の中でも幸運な数字と言われている「7」の7周年です。このようにたくさんの方に祝っていただけて、記者会見もできて本当に嬉しいです。これから何年先でも張り切って頑張っていきますので応援よろしくお願いします!頑張ります!

 

ヨンウク:韓国のアイドルの中では「7年になる前にグループがなくなる」というようなジンクスがあるんです。でも僕たちApeaceは7年間一緒にやり続けて、乗り越えてきたこの先に何が待っているかと楽しみにしています。7年になっても新人の気持ちでこれからも頑張っていきます!

 

ゴンヒ:時間が過ぎるのはすごく早いなぁと感じていて怖くもあります。7周年を迎えられたのはAngelpeaceのお陰です。8周年、9周年、10周年と、みなさんの隣にいて元気を与えられるようなApaeceになります!よろしくお願いします!

 

スンヒョク:7周年なんですが、日本に来てもう少しで8年目になります。子供だったメンバーたちが大人になったなぁ・・・成長したなぁと思います。毎回ライブをするたびに勉強して、練習もして成長していくApeaceを見守ってくださったAngelpeaceのみなさん。これからもずっと続いていくと思いますが、Angelpeaceの力が有る限りみなさんを僕たちの愛で守っていきたいと思っています。これからも隣にいてください。よろしくお願いします。

 

ヒョンソン:去年、6周年のときに僕は兵役を終えて戻ってきました。もう1年が過ぎて早いなと思っています。僕がいない2年の間、成長したメンバーを追いかけなくてはいけなくて大変なこともあったんですが、これからももっともっと頑張って8周年は大活躍できるようになりたいです!頑張ります!

 

セヒョン:いつも応援してくださるファンのみなさま、そして今日集まってくださった各関係者のみなさんの支えがあったから無事に7周年をくることができました。これからもいろんなところで頑張っていくApeaceになりたいと思います。応援よろしくお願いいたします!

 

ワンチョル:7周年になる間にたくさんの嬉しいことや悲しいことがありました。まだまだ僕たちには足りない部分も多いのですが、もっと成長していきますのでみなさんApeaceのことを育ててください。よろしくお願します。

 

ジヌ:7周年を迎えて僕たちももちろん頑張ったんですが、見えないところで僕たちのために頑張ってくださったスタッフのみなさまや関係者のみなさまのお陰でここまで来られたと思います。僕たちは「満足」という言葉を知らないグループですので、もっと完成できるまで頑張っていきたちと思っています!

 

ドゥファン:まずお忙しい中、本日僕たちApeaceのために集まってくださってありがとうございます。たくさんの方々に助けていただきApeaceは7周年を迎えることができました。これからもどんどん頑張っていくApeaceを楽しみにしてください!

 

 

ーー7周年に関してのお知らせをお願いいたします。

 

ヨンウク:5月27日に名古屋で、昼にはファンミーティング、そして夜には素敵なライブを用意しています。ファンミーティングとライブで別の魅力をご用意しています。これまでの7年間の思い出をみなさんにどうやって見せればいいのかなということを、メンバーみんなで頭を集めてがんばってがんばって作った舞台です。みなさんぜひ楽しみにしてください!ありがとうございます!

 

ーーところで、Apeaceのみなさんは名古屋は詳しいんですか?

 

ワンチョル:僕たちApeaceは名古屋からの支えもあり、名古屋に行くことも多いんですが、名古屋に行くと名古屋のファンのみなさまからもすごく愛されてるなぁと思います。個人的には味噌カツがすごく好きで、毎回毎回ごちそうしていただいてます(笑)それに手羽先も!僕は「山ちゃん」よりも「風来坊」が好みで、、、!名古屋ではまたみなさんとの素敵な思い出も作って、美味しいものも食べて、、、いまから(7周年記念公演を)楽しみにしています!!

 

J.D:名古屋での公演や、イベントに出演させていただくときには僕たちのAngelpeaceのみなさんが(東京や他の地域から)来てくださることも多いんですが、現地に住んでいるみなさんがApeaceをみにきて「Apeaceすごいな、東京にもいきますよ!」と応援をしてくれたとこが印象に残っています。また名古屋に行くことができて本当に楽しみです!よろしく願いいたします!

 

ヒョンソン:名古屋に初めていったときにライブで「どこまでも続く道を…」でパートを初めてもらって歌うことができてすごく緊張したことをよく覚えています。そのときソンホさんがリハーサルを手伝ってくれて、、、30回以上やりなおして(笑)(本番では)無事に終えられたことが嬉しかったです。それにライブが終わってからメンバーとボーリングをしたのもすごく楽しかったです。

 

ーー話をきいていると、みなさん名古屋通でいらっしゃいますね。

 

スンヒョク:名古屋楽しいです!

 

 

ーー5月27日の7周年記念以降も、様々な活動をされていくと思うのですが、教えていただけますでしょうか?

 

ワンチョル:毎月1回ワンマンライブを開催しています。このライブは僕たちApeaceの団結力やいろんな魅力をみることができると思いますので、みなさまぜひお越しください。次回は6月16日です。そしてApeaceの中のユニット「VOCALEND」が6月23日にライブを開催します。こちらもApeace全員のステージとは違った魅力をおみせできると思いますのでぜひチェックしてください。最後に6月27日と28日に僕たち「Apeace一座」の公演があります。これまでみなさんがみることのなかった僕たちの一面をみられると思いますので、こちらもチェックしてください。

 

 

ーーありがとうございます。7月にヨンウクさんは舞台にも出られるんですよね?

 

ヨンウク:7月11-15日に品川でやります!今回の舞台は内容をきいて「できるのかな?」という心配がありました。まだまだ日本語能力が足りていないのに、みなさんを笑わせることができるのかなという不安はあります。でもそれに挑戦してみたいなという気持ちがありますので、今回はとてもいい機会、挑戦だなと思っています。みなさんぜひ観に来てください!

 

 

ーーヨンウクさんが出演される舞台は「信長の野暮」というタイトルの舞台になります。「野望」ではなく「野暮」ですので、一体どんなお話か楽しみですね。このようにますます目が離せないApeaceのみなさんですが、残念なお知らせがあります。セヒョンさんとドゥファンさんは6月いっぱいでApeaceを卒業することになりました。それぞれメッセージをお願いします。

 

ドゥファン:2011年に来日し、7年間ここ日本でたくさんの方々に甘えさせていただきながらここまで活動させていただきましたが、次の自分の人生のステップとして、Apeaceに守られて来たドゥファンではなくて新しい自分をみつけないなっていう思いを、長い時間をかけてスタッフのみなさん、そしてメンバーのみなさんと一緒に考えた結果、6月いっぱいでApeaceを卒業することになりました。

少し身体を遠くなるんですけど、気持ちは残していきたいと思います。これからもApeaceの活動を誰よりも近くで応援していきたいなって思っています。よろしくお願いします。

 

セヒョン:自分なりに真剣に考えて次のステップにいきたかったときに、メンバーのみなさんとスタッフのみなさんへ相談した結果6月待つでApeaceを卒業することになりました。本当にみなさんが尊重してくれて、申し訳ない部分のあるのですが、これから僕は韓国で俳優として頑張っていきたいと思っています。僕も負けないくらい大きくなって、いつかもっと大きくなったApeaceとであえる日を楽しみにしながら頑張りますのでみなさまどうぞよろしくお願いします!

 

 

ーー5月27日のライブタイトルにもなっている”Already in progress”にちなんで、デビュー当時と比べて「すでに前進したなぁ」という部分と、「これからどんなグループに発展していきたいか」をそれぞれ教えてください。

 

ドゥファン:Apeaceというグループはまだ子供だった時期からここまでくるのにたくさんの方の力をいただいてきました。そこで何を一番大事にしたかといえば、ライブ中心で活動してきた僕たちにとってはファンのみなさんとの距離感、それとコミュニケーションです。そういうことを必死に思いをもってやってきたので成長したところといえば、「ファンとみなさん、そして周りの方々とのコミュニケーションがうまくとれるようになったこと」だと思います。そして、もっとこれを発展させていきたいと思います。

 

ジヌ:日本に来た頃はファンの方が僕たちを引っ張っていってくれてる感じだったのですが、いまでは「僕たちがファンのみなさんを引っ張っていっている」感じじゃないかなと思っています。そしてこれからも「アーティスト的なところをみせていきたい」と思っています。

 

ワンチョル:他のグループがやっていないことをやっていきたいと思っています。みなさん、何か(アイディア)あったら教えてくださいね!(笑)これからもよろしくお願いします!!

 

セヒョン:僕たちはデビュー当初からファンのみなさんとの距離が近いグループであったので、「ファンのみなさまとの距離を大切にすること、新しい出会いに感謝すること」これをずっと心がけて活動してきています。これからもこれをずっと掛けてがんばっていけるグループになりたいですし、僕もそのようにしたいです。

 

ヒョンソン:昔は僕たちは舞台だけでライブをしていた感じだったんですが、今は舞台を降りて歌ったりともっとファンの方と距離が近くなったような気がします。メンバー個人の活動もありますし、ユニットでも活動もありますし、いろんな活動をしていますが、これからももっとApeaceのライブと個人的な活動も増やしてがんばっていきたいと思います。

 

スンヒョク:僕たち7年間何千回ものライブをしてきましたが、これからも「楽しいライブ」は当たりまえでもっとおしゃれな、そしてファッションに力をいれたようなライブのやってみたいです。みんな背も高くてスタイルもいいので・・・ソンホ以外は?!(笑)スーツも似合うので自分でスーツや衣装を作ったらもっと楽しいライブになるんじゃないかなと考えたりしています。髪型もアイドルっぽく?!今のヨンウクは赤くてアイドルみたいでオシャレじゃないですか?コチュジャンみたい?!(笑)もっともっとかっこいいライブをできるように無限に考えていきますので、隣で見守ってください!

 

ゴンヒ:最初Apeaceは21人からはじまって今12人になったんですが、これから2人が卒業して、今年いっぱいでお兄さんメンバー3人が兵役へ行くのですが、ファンのみなさんたちは不安かもしれません。でも僕はこれは不安ではなくて「新しい機会」だと思いますのでこれからもApeaceのことを不安じゃなくて温かい目で見守ってください!

 

ヨンウク:成長したなぁと思うところは「日本語力」です。最初は全然しゃべれなかったんですが、日本にきてからそれぞれMCもやりますし、日本語の歌の歌いますし日本の曲のダンスも踊ります。そういうところは他のK-pop(グループ)とは違う部分で、Apeaceのいいところだと思っています。最初はアイドルから始まったとしたらこれから「アーティスト」として変わっていくApeaceの姿を見せたいなと思っています。

 

J.D:僕はお兄さんたちはデビューして2年後くらい経ってから合流しました。アイドルというものは音楽やダンスを作ってもらったりと、作られた感じがあるとするならばこれからのApeaceは自分たちで音楽やダンスを作ってみたり自分たちの音楽を活かせるような「ミュージシャン」となっていけたらなと思っています。

 

シヒョク:僕も新メンバーとして(加入して)4年になるのですが、自分なりに性格もかわりましたし歌やダンスやラップの実力もあがったと思います。ファンのみなさんとの楽しい思い出もたくさんできました。これからも楽しい思い出を作りたいなぁと思っています。あと、お兄さんたちに負けないように末っ子として頑張っていきます!

 

ジュンシク:僕もJ.Dくんと一緒に(デビューから)2年後に活動を開始してここまできました。もちろんお兄さんたちも弟たちも成長しました。僕がお兄さんたちに歌やダンスを習って成長しています!これからも成長はとまらず、成長した僕をみせます。

 

ソンホ:僕は簡単に。。。みんな本当に「大人になった」と思います。10代からここまできて、僕は20代後半になりますが、最初は軽い感じがあったんですが、今は落ち着いて・・・スンヒョク以外は落ち着いてて!(笑)いい感じになったんじゃないかなと思います。来日して8年目になりますので、韓国の感情と日本の感情を全部もっているApeaceだと思います。

 



ーー舞台演技をしているみなさんは「演技は自分にとってどういうものか」、演技をやっていないかたは「やってみたいな」という方がいたら教えてください。

 

ゴンヒ:僕も演技をやってみたいんですが、僕は恥ずかしくなったら耳が赤くなったり顔が赤くなったりするので、それが演技するにしたらダメなところじゃないかと思うんです。。。でも機会があったらぜひやってみたいです!

 

ヨンウク:たまに演技をやらせていただいているんですが、演技というかエンターテーナーとしてできることは全て楽しいです。「演技」というのはいろんな役ができるじゃないですか、自分じゃない自分を演じられることがすごくたのしくて「芸能人の特典」だと思っています。

 

J.D:Apeace全員で2年ほどまでにみんなで演技をしたことがあって、それ以外の舞台に出演したことは(これまで)なかったです。僕は個人的に演じるよりも音楽を作ることが好きなので、もっと音楽性を高めたりしてApeaceの役に立ちたいなと思っています。

 

シヒョク:この前Apeaceみんなで若干演技をする舞台を作ってみたんですが、そのとき思ったりよメンバーのみなさんの反応が良くて!今年は無理かもしれないんですが、来年からちょっと演技の勉強もして(演技を)頑張ってやりたいなぁと思っています。

 

ジュンシク:僕も機会があったら僕もぜひやってみたいと思います。

 

ソンホ:僕は何度か経験はあるんですが・・・いつも面白いキャラとか、強いキャラなので他の役もやりたいなぁと思っています。関係者のみなさん!よろしくお願いします!!

 

ドゥファン:ステージにたつ新しい挑戦というのは本当にわくわくするもので、ひとつの勉強ですよね。いままで経験したことのないものを周りのみなさんに教えてもらうことは、もう一段自分を成長させられるものだと思います。

 

ジヌ:僕も何回かやったこと・・・ないですけど(笑)メンバーがやっているのをみながら「やってみたいなぁ」「うまいねぇ」「僕がやったらこれくらいできるのかな」と思いながらきっかけがあれば頑張ってやってみたいなと思ってます。連絡ください!

 

ワンチョル:いつも僕はApeaceの中でバカなキャラクターなのですが、舞台ではロマンスやラブストーリーを演じてみたいです。女の人が二人でとりあうような。。。かっこいい。一言でみんながしびれちゃうようなキャラクターをやってみたいです!

 

セヒョン:お芝居をしていたらそこには今までみたことのない違う自分がいて、それが毎回違う自分になれるのが楽しくてわくわくします。そういうのが演技の魅力じゃないかなと思います。

 

ヒョンソン:何年も前ですが、モバイルTVでやった韓国語を教えてあげながら演技をしたことがあるんですが、そのときすごく楽しかったんです。なので機会があったらもう一回やってみたいです!

 

スンヒョク:僕たちのライブのステージでも演技と関係あると思います。表情とか表現力が大事だと思っています。演技を習ってみるとほんとにアーティストとして、踊りで表現したい歌詞を表情や身体で表現することも「演技」につながっていると思うので、みんな一度演技を勉強するとアーティストとしても成長できるんじゃないかなと思います。

 

ーーワンチョルさん、いまここで思いつく「LOVE」の一言でしびれさせてほしいです。それと、山ちゃんとり風来坊のいいところを教えてください。

 

ワンチョル:山ちゃんは味の差を調節できるんです。でも濃いんですよね。でも風来坊は味が染み込んでいて食べたら溶けちゃうくらいの味です。のでオススメしたいです。

そして、、、一言でしびれちゃう言葉ですが・・・お名前は?あ、みなさんにですか?ではみなさんに(カメラ目線で)お前、俺しか見えなんだろ?・・・・はい!ありがとうございました!こういうのはヨンウクがうまいです!ヨンウクお願いします!!!

 

ヨンウク:・・・いきなりこんなこと言われたら困るんですけど(笑)次のメンバーも準備していてくださいね。じゃ。。。いきます。チョコレートより甘いのはお前の声だ。。。ありがとうございました~~!!!それでは最後にスンヒョクお兄さんに締めてもらいます!!

 

スンヒョク:ぼ、僕はヤンキー役なので、こういうのはツンデレのジヌが上手いですよ!ジヌを神事でバトンタッチします(笑)

 

ジヌ:えーっと、俺らに溶けたまえ。

 

全員:拍手(笑)

 

ーーでは最後にグループを代表してメッセージをお願いします。

 

スンヒョク:こうやって僕たちの7周年の記者会見に来ていただけて嬉しいです。もうすぐ僕達が日本にきて8年目になります。本当にいろんなことがありました。大変なときもありましたし、嬉しいことも楽しいこともありました。僕たち最初K-THEATERというところから始まりました。そのときはメンバーが21人いたのが、今は12人。みんなそれぞれの夢の道へ行ったり、徴兵にいったり卒業したメンバーもいます。今回もドゥファンとセヒョンは卒業しますが、ドゥファンの言う通りに、身体は離れていてもずっと(心は)Apeaceと一緒に隣で見守っていてくれるので、二人の成長を僕たちも応援しています。ソンホ、ゴンヒ、僕の3人も今年の12月いっぱいで徴兵へいくことになります。ということは来年は7人になるということです。今年の7周年はみんなでできるのですが、来年の8周年は弟たちが盛り上げて素晴らしいライブを作るんじゃないかと信じています。最後に毎年僕たちは周年ライブを行ってきましたが、こうやって記者会見ができるようになったのは光栄で嬉しい気持ちです。もっともっと成長していくApeace、そしていつも見守っていてくださる関係者や記者の方々、Angelpeaceと一緒に一歩一歩歩いて行きたいと思っています。今回の7周年記念公演は東海テレビさんとMnetさんと一緒に作ることができて本当に光栄です。僕たちとしてはすごく完璧なライブをしなくてはいけないというプレッシャーもありますが、とても楽しみにしています。昼はファンミーティングで楽しく(ファンのみなさんと)遊んで、夜はライブで盛り上げる、、、いまたくさん練習もしていますので、よろしければ(7周年公演に)興味をもってください。ありがとうございます!



 

 

7周年を迎えた喜びや苦労など、その思いを存分に語ってくれたApeace。

真剣な話もあり、笑いもありというとても内容の濃い会見となりました。

もちろん全ては当たり前に日本語!

これからもどんどん成長し続けるApeaceをHwaiting!はこれからも応援していきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【7周年記念公演 Apeace JAPAN debut 7th Anniversary SPECIAL TALK & LIVE “Already in progress”】

 

日程:5月27日(日)

開演時間:[ファンミーティング]13:00/[スペシャルライブ]17:00予定

会場:名古屋テレピアホール(名古屋市東区東桜1-14-25 テレピアビル2F)

 

公式サイト:http://www.tokai-tv.com/apeace/

 

 

Apeace公式サイト:http://apeace.jp/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

text&photo:AaruTakahashi( Instagram: @aarutakahashi)