【オリジナルレポ】レジェンドグループ 神話 シン・ヘソン  「SHIN HYE SUNG LIVE & TALK 2019」開催!!雨も吹き飛ぶ笑顔でファンと再会!!

 



韓国のレジェンド的存在のグループSHINHWA(神話)のメンバー、シン・ヘソンの来日公演「SHIN HYE SUNG LIVE & TALK 2019」が12月7日(土)に山野ホールにて開催された。10月に発売された約2年振りとなるアルバム『Setlist』を引っ提げ、久しぶりの日本公演となった。

 

待ちわびたファンを前にオープニングをアルバム『Setlist』の収録曲「Propose」で飾り、「みなさんこんばんは!本当にお久しぶりですよね!」と元気よく挨拶した。

1曲目が終わると事前にファンから募集していた、春夏秋冬に似合うヘソンの楽曲を発表する「2019 Music Year’s Journey – Four Season Song」のコーナへ。ファンからのメッセージを読んだり、実際にヘソンが歌ってみたりとアットホームな時間となった。「Roco Drama」が春に似合う曲として発表されると「皆さんこの曲が本当に好きですよね~」とにっこり。ファンからのメッセージに書かれた“ヘソンオッパ”のワードに照れたり、“今年はまだ初雪を見れていない”とちょっと残念そうな顔をしたりと様々な表情を見せた。また今回の公演準備のために、日本でリリースしたアルバムをあらためて聴いてみたというヘソン。「やっぱりいいなと思いました」と話すと、会場から拍手が起きた。さらに、寄せられた沢山の楽曲の中から厳選した4曲「友達」「銀河」「For You(僕の君に)」「コトバにできない」を披露し、会場中が酔いしれた。

 

一旦コーナーが終わると「Take My Hand(手を握って)」「Roco Drama」「You Are」「同じ想い」を立て続けに歌唱。軽快なリズムの「Hold My Hand(手を握って)」では一部の歌詞を日本語に代え、ソロアーティスト シン・ヘソンを確立させた“自分にとって意味のある曲”として紹介した「同じ想い」でも途中から日本語歌詞に変えたりと、ファンへ最高のプレゼントを送った。

 

公演の後半はファンからの質問に答えるコーナーで大いに盛り上がった。子供のころ初めて買った音楽作品は、1992年~1996年頃まで活動していた韓国の男性グループ“ソテジワアイドゥル”で、アメリカ留学中には“Boyz II Men”に夢中になったと振り返った。また、「自身の作品でお気に入りのMVは?」の質問に、札幌で撮影をした「どうして電話したの」を挙げ、大雪のなか女性を抱きかかえて歩くシーンは大変苦労したと回顧。思い出のMVとして会場のスクリーンに2007年リリースの「初めての人」が流れ、キスシーンにファン達から『アンドゥエ~~!!』の声が響き渡り、ヘソンは大笑い。「アンドゥエ~が可愛かった」とはにかんだ。

※(アンドゥエは韓国語で「だめ」の意味)

さらに「いま幸せですか?」との質問には「久しぶりに日本に来られて嬉しい」と弾ける笑顔で答え、会場は温かい空気に包まれた。

続く『99秒ミッション』では、ヘソンがけん玉、羽子板、だるま落としなどのミッションに挑戦すると見事99秒以内にクリアし、ファンからの要望に応えた。「年上の女性へ愛の告白」の要望にはステージ前方へ歩み寄り、甘い言葉を連発。「ヌナはとっても綺麗」「僕はヌナと一緒なら何でもできる気がするよ」と囁き、最後には「ヌナぁ~~~!!」と大絶叫すると、ファンから黄色い歓声が飛んだ。「すごく今日は気分がよくて幸せなので自分を止められなかった」と話すヘソンに会場の熱気がさらに上昇した。

※(ヌナは韓国語で「お姉さん」の意味)

その他にも懐かしいバラエティー番組「神話放送」での白鳥の湖のバレエ再現、即興ラップ、2倍速ダンスを見せたりとファンの要望に次々に応え大盛り上がり。

 

コーナーが終わると「皆さんと遊ぶような時間を過ごすことができて本当に良かったです。これからは頻繁に(日本へ)来たいと思います」と挨拶。公演を締め括る「GONE TODAY」「星をつかむ」ではファンが総立ちとなりボルテージは最高潮に。歌い終わると「外は雨が上がったと聞きました。気をつけて帰ってね。できるかぎり早く日本に戻って来ます!」「ヌナ達~さよなら~!」と大きな声で呼び掛けたヘソン。公演の幸せを噛み締めるかのように笑顔でステージを後にした。

 

 

【SHIN HYE SUNG LIVE & TALK 2019】

◆日  時 2019年12月7日(土)

14:30開場 15:00開演

18:00開場 18:30開演

 

◆会 場 山野ホール

 

 

【ファンクラブ情報】

SHIN HYE SUNG JAPAN OFFICIAL FANCLUB「Always HYESUNG」

https://www.hyesung.jp/

 

 

 

 

 

 

 

text:MIO