ビジュアル、音楽性を併せ持った爽やかすぎる4人組ボーイズバンド 

IZ(アイズ) 初のクリスマスコンサートが成功裏に終了!

 

2018年にリリースしたミニ・アルバム『ANGEL』を、BTSの所属事務所の代表を務める作曲家のパン・シヒョクがプロデュースしたことも話題を集めた4人組ボーイズ・バンド、IZ。2019年は自作曲の発表といったトピックもあり、アーティストとしての成長も目覚ましい彼らが、大阪と東京で自身初となるクリスマス・コンサート〈IZ CHRISTMAS CONCERT 2019〉を開催した。

12月25日、クリスマス当日に行われた東京・SELENT b2の公演は、「こんにちは、みなさん!」という挨拶と共に、ワム!の“ラスト・クリスマス”のカヴァーでスタート。後方画面いっぱいに映し出された雪の結晶が舞う映像と、ヴォーカル・ジフのスウィートな歌声も相まって、ロマンティックな雰囲気が会場いっぱいに広がっていく。その後も、パワフルなパフォーマンスで魅せる“ANGEL”、疾走感溢れる正統派ロック・チューンの“EDEN”などのオリジナル・ソングはもちろん、RADWINPS“前前前世”、米津玄師“ピースサイン”といったJ-POPのカヴァーも登場。アッパーな曲からバラードまで、どんな曲でもIZのカラーに染め上げるジフのヴォーカル・スキルの高さと、彼の声を支えるヒョンジュン、ジュンヨン、ウスの卓越した演奏力が、十分に楽しめるステージとなった。

IZは、パフォーマンスのかっこよさはもちろん、4人の楽しいトークも魅力だ。すべての会話を日本語で交わし、ジュンヨン、ウス、ヒョンジュンの3人でクリスマスのイルミネーションに彩られた表参道に繰り出した一方で、眠くていけなかったというジフの話や、他のメンバーから「オヤジギャグを見せてください」とふられたジュンヨンがギャグを披露するなど、親しみやすいキャラクターで会場を沸かす。好きな日本のテレビ番組の話題になると「関ジャニ∞クロニクルを見てる」(ヒョンジュン)、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!がおすすめ」(ジフ)といった具体的なタイトルが挙がるほど、日本の文化を肌で感じ、チェックをしている様子も伺えた。

「今年はたくさん活動をしたし、いろんなことが出来て嬉しかった」という彼ら。アンコールでは、激しいギター・リフから始まり、各楽器のソロでの見せ場も登場する、ハードなロック・ナンバーを熱く歌い上げ、日本での2019年最後のステージを大歓声のなか締めくくった。なんでも、この曲はまだタイトルも決まっていないそうだが、2020年のさらなる飛躍を期待せずにはいられない1曲のように感じた。これからのIZの活躍も目が離せない。

【公演概要】

タイトル:IZ CHRISTMAS CONCERT 2019

◇大阪公演 日時:12月22日(日) 1部14時開演/2部18時開演

会場:TAKARA OSAKA(大阪府大阪市天王寺区玉造元町3-26 トーエイビル2F)

◇東京公演 日時:12月25日(水) 1部14時開演/2部18時開演

会場:SELENE b2(東京都港区三田5-2-30)

◇主催:株式会社 JSL JAPAN

◇協力:MUSIC K ENTERTAIMENT

 

IZ JAPAN Official Twitter:@official__iz_jp