25日、東京・角川シネマ新宿にて、新條まゆの大人気コミックスを原作にした映画「愛を歌うより俺に溺れろ!」の公開初日舞台あいさつが行われ、大国男児のカラム、大野いと、TAKUYA(CROSS GENE)、AKIRA、福山桜子監督が登場した。
 
人気K-POPグループ・大国男児のメンバー・カラムの初出演にして主演という映画の公開とあって、会場はコンサート会場さながらのハングルのプラカードも登場し、多くの女性ファンの熱気に包まれた。

 

「男子校の姫」と呼ばれる白石秋羅を演じたカラムは、今回の経験で演技に対してさらに欲が出て来たと語り「毎晩メンバーが寝た後に、鏡の前で一人表情作りの練習をしている」そう。ある晩メンバー・インジュンにその様子を目撃されてしまったものの、インジュンは『見なかったことにします』と言ってくれたと微笑ましいエピソードを紹介。

 

映画にあやかり「もしも異性になれるとしたら何がしたいか?」の質問にカラムは「派手なスカートをはいて原宿を歩きたい」と話すと、TAKUYAも「僕もスカートでカラムくんと一緒に歩きます。187センチの女性ですが」と観客の笑いを誘っていた。

 

全世界で発売され、累計1000万部の大人気コミック「快感?フレーズ」のカリスマ漫画家・新條まゆ原作作品の初めての実写映画化。‘美少年のような女の子’と、‘美少女のような男の子’が、恋をする・・・、話題の映画「愛を歌うより俺に溺れろ!」は角川シネマ新宿ほか全国で公開中。

 

 

【ストーリー】
ガールズロックバンド・ブラウエローゼンのリーダー・桜坂水樹は、聖野薔薇女子学園で「王子様」扱いされている綺麗でボーイッシュな女の子。ある日、水樹が演奏する女性限定のライブに、男海山高校で「姫」扱いされている美少年・白石秋羅が紛れ込み、突然「ずっと好きでした!」と告白する。女の子のような外見とは正反対で、男らしく、強引に自分の気持ちを水樹に伝える秋羅。一方、子供の頃のトラウマで「男は体に悪い!」と思い込み、恋にオクテだったが、会うごとに秋羅に惹かれていく水樹。対立する聖野薔薇女子学園と男海山高校の垣根を越え、2人は結ばれることができるのか・・・!?

 

キャスト:カラム(大国男児) 大野いと /古川雄大 TAKUYA / AKIRA / シシド / 吉原シュート / 河村春花
原作:新條まゆ「愛俺!男子校の姫と女子校の王子」「愛を歌うより俺に溺れろ!」(角川書店刊)
監督:福山桜子
配給:角川映画
 
公式ホームページ
 
(C)2012 映画「愛俺!」製作委員会