歌謡界に謎の怪物ソロ歌手が誕生?

 

6日にデビューアルバム発売を控えた新人ソロ歌手『CRAZYNO(クレイジーノ)』がその人である。

 

クレイジーノが、デビューアルバム発売に先立ち5日に公開したアルバムのジャケット写真は衝撃的。マリリン·モンローや映画『ダークナイト』のジョーカーなど、その異端ぶりから音楽性への関心が高まっている。

 

 

 

 

『ソテジと子供たち』のメンバー、イ·ジュノが設立したJFCエンターテイメントからデビューするクレイジーノは、1988年オーストラリア・メルボルンの出身で名門・シドニー大学を卒業。ジョーカーのジャケット写真からは想像もつかないイケメンだが、ボーカルだけではなく自身が直接今回のアルバムプロデュースも手掛けている。

 

6日に公開されるクレイジーノの初シングルアルバム、その名も『The Lunatic』は、典型的なダンスの枠組みから抜け出したレトロリズムに現代的なエレクトロニックサウンドを加えた独創的なジャンルのアルバムになるという。

 

特に、タイトル曲『MUSICHE』は、オーストラリア出身で韓国語が苦手な自身を面白おかしく表現した曲で、いわゆるアイドルとは一線を画す。

 

そのショッキングな出で立ちでデビュー前から注目されるクレイジーノは、来る7日のSBS『人気歌謡』で初デビュー舞台を披露する予定だ。

 

(C)JFC Entertainment