皆さんはFIEASTERをご存知だろうか?

 

2012年9月にリリースされた『Vista』でデビューを果たした 6人組女性K-POPガールズグループだ。

※その前にIUと『Sea Of Moonlight』を歌っているのがプリデビューとされる。


 

皆さんはどうだろうか?

 

2010年~2011年のK-POP観。

2011年~2012年のK-POP観。

2012年~2013年のK-POP観。

 

2010年8月に少女時代、KARAがデビューしたこと。

また日本的な事情で言うと、9月がテレビ番組の改編期ということもあって、日本的K-POPの切れ目というのは、8・9月のようにも感じる。

 

そうした著者自身の勝手な定義のバイオリズムの中で、ちょうど1年越しに思い出したのがFIEASTEARの『Vista』だ。

 

『Vista』のMVのPerformance Ver.をご覧いただければ、彼女らの魅力はすぐ理解して頂けると思う。

 

■FIESTAR 『Vista』 MV Performance Ver.

YouTube Preview Image

 

・揃いに揃った本気で切れっきれのダンス

・分り易い曲のエフェクトとダンスの躍動感を強調

・露出は少なくフレッシュさに加えてストイックさを感じれる

・全員が「デニム+シンプルなトップス」で統一感と流行に関係ないスタイリッシュさがある

・MVの構成がシンプルで、パフォーマンスだけを抽出して受容しやすい

 

 

ヒップホップでも、ポップでもなく「FIESTAR」というジャンルのアイドルショーとして楽しむことが出来る。

 

ダンス×ミュージックというどのアイドルにも同じ条件が与えらるにも関わらず、「唯一性」を発揮することによって、そのアイドルグループしか出来ないブランド箱を作り、箱の中で確実なパフォーマンスを届ける。

 

統一性、端正、清廉さなどを取ってみても少女時代に匹敵し、デビュー時のダンスを比べると、ハイパフォーマンスのようにも感じる。

 

 

■少女時代デビュー曲 『Into the new world』

YouTube Preview Image

 

ここで、FIESTARはMVで、少女時代は音楽番組の映像の比較じゃ、MVの方が理想を追及できるからで完成度が高いのは当たり前だろ!っていう意見があるだだろう。

 

その意見、すごく大切である。

 

実はFIESTAR、MVでは統一性、端正、清廉さ溢れる「デニム+シンプルトップス」だったにも関わらず、音楽番組では、ことごとくダンスファッションで大事な『Vista』を演じてしまっていたのだ。

 

B系までとは言わないが、H&Mで気軽に着れそうなファションで、そこにはMVで感じられたような「品」と「格」というのが明らかに抜けてしまっているよう感じてならない。

 

そうはいっても、MVのイメージを引っ張って観るユーザも多いだろうし、音楽番組からMVという誘導によって『Vista』を再認識出来るため、デビュー曲は、この音楽番組での表現手法を除いては、凄く最高だった。

 

しかし、悪いのは2枚目の『We Don’t Stop』だ。

どう見ても、デビュー作の「強み」がウマく表現されていない。

■FIESTAR 『We Don’t Stop』MV

YouTube Preview Image

 

・揃いに揃った本気で切れっきれのダンスが、小刻みにテンポよく切れるダンスに。

 

・分り易い曲のエフェクトとダンスの躍動感を強調していたのが、ガ―リーでキャッチ―かつ遊んでいる感に。

 

・全員が「デニム+シンプルなトップス」で統一感がありスタイリッシュだったのが、全員バラバラのいわゆる韓流ビビッド私服スタイルに。

 

・MVの構成がシンプルで、パフォーマンスだけを抽出して受容しやすかったのが、シーンの切り替わりが増えダンスパフォーマンスのみの時間が少めに。

 

という風になっている。

 

前作と今作で色の違いを出して、視聴者にふり幅を見せつける。

そして、ファンを飽きさせないようにする。

 

K-POPでよくありがちなブランドチェンジだ。

 

でも、FIESTARに関して言えば、『Vista』のMVのに触発されたような視聴者が次回も期待していることというのは、ブランドチェンジではなく、彼女ら自身が、FIESTARというオリジナルの「品格」を持って、唯一性のあるコンテンツをアウトプットしてくれるということではないだろうか。

 

だって、それだけ『Vista』のMVから彼女らの魅力が分かりやすく伝わってきてしまったから。

同じような形式を続けることでブランドを作って欲しいという想いがあった。

 

韓国国内の事情を肌で感じる場所にはいないんで、2012年9月、11月とリリースして、それからもう1年になる。

 


 

グループ名の由来は「祭」を意味するスペイン語「FIESTA」と「星」を意味する英語「STAR」の複合語。

ぜひ、お祭り騒ぎになるような曲を叩き出して、スターへと登り詰めて欲しい。