韓国ドラマヒットの法則シリーズ その1
【悪役の演技が引き立っているドラマは本当に面白いドラマである。】

 

この度、ご縁あって当サイトにて韓国ドラマのレビューおよびコラムを不定期ではございますが、執筆させて頂く事となりました。何分、私の独断と偏見によるところも大きいかと思われますが、そこは愛があるが故の記事として、どうか温かい目で見守って頂ければと思います。

現在、残念なことに日本における韓国ドラマの市場は一昔前と比べ、非常に少なくなってきており、今や日本の地上波で放送されているドラマもなくなってしまうほどのほぼ壊滅状態にあります。ただその原因として、韓国ドラマそのものの質が落ちている訳ではなく、政治的な問題などで韓国ドラマと聞いただけで、まるで食わず嫌いのように壁を作り、視聴されない方々も多いのではないでしょうか?K-POPは、その傾向が少ないところも多いのですが、こと韓国ドラマとなってしまうと、何故か敬遠されてしまうことが本当に残念であり、不思議でなりません。

何よりも、韓国ドラマ自体の面白さは、まったく変わっていないどころか、一昔前と比べて、よりジャンルも多彩になり、ますます面白さに拍車がかかっている状況でございます。にも関わらず、日韓の関係が凍り付いているがために、韓国ドラマそのものが否定されてしまうことは、非常に残念極まりないことであり、もったいないことだと心から感じています。

一方で、KNTVやKBSワールド、衛星劇場など、非常にコアな方々向けの韓国ドラマ専用のCS放送チャンネルに、決して安くはない月額を支払い、日々、韓国ドラマを楽しんでおられる方々がいらっしゃるのも事実です。また、それらを中心としたチャンネルは、韓国で放送されて間もなく日本に字幕つきで上陸されるドラマが多いため、韓国ドラマ好きにはたまらない魅力があるのも事実であり、ここ数年を見ても、高い人気を維持し続け、その需要は衰えるどころか韓国ドラマを放送するCS局は増えている傾向にあります。

しかしながら、それらの需要が狭いが故に、あるいは、いわゆるミーハー目線でドラマを楽しまれる方々が多いが故に、純粋にお話として面白い韓国ドラマを紹介する記事が少なくなってきているのも確かです。(ミーハー目線が悪いという意味では決してございませんので、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。)

そこで当コラムでは、私が独断と偏見で選んだ「本当に面白い韓国ドラマ」を紹介し、単なるあらすじだけではなく、そのドラマの本当の見どころやポイントを紹介していければと考えております。また、韓国ドラマが本当に面白い理由などを韓国の文化を交えて、韓国に対する愛情を持って、楽しくご紹介させていただければと考えております。

当コラムおよびレビューをご覧になった方々が、韓国ドラマの面白さを改めて再認識するキッカケとなり、韓国ドラマがより多くの方々に愛されることを心から願っております。同時に、韓国ドラマだけでなく韓国の文化や伝統、料理や芸能など様々な分野にも興味をお持ち頂けるキッカケとなれば、これ以上の幸せはございません。

さて、第1回目となる今回は、韓国ドラマがヒットする法則について、書いてみたいと思います。題しまして、「本当に面白い韓国ドラマ3大法則」です。ドラマが本当に面白いのには、しっかりとした理由が裏づけされています。そして、必ずと言っていいほど、それらのドラマには法則があり、その法則こそがドラマそのものに緊張感を持たせ、お話をより盛り上げ、見るものを引き込ませる要素となっているのです。今回は3つの大きな法則のうちの1つをご紹介していきたいと思います。

 

悪役の演技が引き立っているドラマは本当に面白いドラマである。

韓国ドラマには、ほとんどと言っていいほど、主人公に悪さをする悪役が存在します。そして、その悪役の演技力が「ここまで、ひどいことをするのか」というほどの迫力で、まるで目的のためには人を殺すことも厭わないような、そんな冷酷非情な悪役を役者さんが徹底して演じきっているドラマは、必ずといいほどヒットします。なぜなら、純粋に面白いからです。

多くの韓国ドラマは勧善懲悪なストーリーが多く、その徹底して主人公を痛めつけた悪役も最後には必ずといっていいほど罰を受けます。これは、見ていてとても気持ちが良いものでして、一見すると当たり前のことかもしれませんが、そのことは私たちに「罪を犯した者は必ず罰を受ける。そして償わないといけない。ということを教えてくれます。
一方で主人公はと言いますと、最後には必ず報われるケースがほとんどです。劇中で主人公が悪役にこれでもかというぐらい、ひどい目にあっていながらも、それでもめげずに前に向かって進んで行くその姿から、最後には「頑張っていればいつかは必ず報われるんだ」ということも教えてくれます。

また、そんな冷酷非情な悪役が最後には一体どういった形で罰を受けることになるのかも見どころの1つとなっており、終始ドラマにも緊張感を持たせるため、飽きさせない要素となっているのです。また、罰を受けることになるのは終盤であるため、最後までドキドキしながらも楽しんで見ることが出来るのです。

そういった点から言っても、「悪役の演技が引き立っているドラマは本当に面白い」ということが言えるのではないでしょうか?

代表的作品:「ジャイアント」のチョ・ピリョン(チョン・ボソク氏)、「製パン王キム・タック」のソ・インスク(チョン・インファ氏)、「メイクイーン」のチャン・ドヒョン(イ・ドクファ氏)、「善徳女王」のミシル(コ・ヒョンジョン氏)etc…

 

記事: 平松 相善


ポッチュモニ(福袋)の会のご案内!