【オリジナルライブレポ】

韓国のビヨンセ、SISTAR 出身「ヒョリン」が日本初ソロライブ!

セクシーでカリスマ性溢れるステージにファン魅了

 

 

6月15日(金)、duo MUSIC EXCHANGEでファン待望の1stソロライブ『HYOLYN japan first live 2018 ~The Queen is coming~』が開催された。ヒョリンは4人組ガールズグループ「SISTAR」出身で、2017年6月に惜しまれつつ解散。グループではメインボーカルを担当し、歌の実力はもちろん、ラップ、ダンスと幅広くこなし、韓国のビヨンセと言われるように、パワフルでダイナミック、そしてセクシーなアーティストだ。

 

そんなヒョリンの日本での初ソロライブ会場は、今か今かと待ち焦がれたファン達の熱気に溢れていた。あいにくの雨天にも関わらず、会場外には傘を差しながらも喜びいっぱいのファンら。

 

ステージのスクリーンに映し出された「HYOLYN  THE QUEEN IS COMING」をバックに登場したヒョリンは、金髪ロングヘアをなびかせ、タイトなトップスに黒のショートパンツ。

 

オープニングは、韓国でシングル3連続プロジェクト「SET UP TIME」の2ndシングルとして発売した「Dally」。セクシーなダンスパフォーマンスとパワフルな歌声で一気に会場のボルテージを上げた。

 

2曲目はバラード曲「Hello,goodbye」(안녕)で会場を切ない愛の物語へと引き込んだ。この「Hello,goodbye」という楽曲はドラマ『星から来たあなた』のOSTであり、ヒョリンの切ない歌声がチョン・ジヒョンとキム・スヒョン演じるドラマの名シーンをさらに盛り上げたラブバラード。

 

「今日は会いに来てくれて、ありがとうございまーす!みなさん、ヒョリンに会いたかった?」と可愛らしい日本語で挨拶。「私も日本のファンのみなさんに本当に久しぶりに会えて幸せですし、嬉しいです。」と日本初ソロライブの喜びを直接ファンに伝えた。今回のセットリストを考えた際、泣いて、笑う、そんな曲順にしたと明かした。



「Ma boy」「I Swear」「Touch My Body」「SHAKE IT」のSISTARメドレーでは、まだライブ序盤ながらアツく盛り上げ、まさにヒョリンが考えたバラードで「泣いて」からの「笑う」セットリストだった。

 

続いて楽曲発表後に1週間しかメディアで歌唱しなかったという「Lonely」をスタンドマイクで歌い上げる。『비에 젖은 내 맘을 이렇게』(雨に濡れた私の心をこんなふうに)という悲しく切ない歌詞を、麗しく美しい表情で奏でた。

 

続いて、「Lonely」とのダブルタイトル「One way love」(너 밖에 몰라 )では、ヒョリンらしいエネルギッシュさを前面に出し、勇敢な兄弟がプロデュースしたことで挑戦したラップパートもかっこよくきめた。

 

ここで韓流ファン、K-POPファンでお馴染みの古家正亨がMCとして登場。

今回このタイミングで日本に来た一番のきっかけは?の問いに対し、ヒョリンは「韓国にいらっしゃってお会いしているファンもいますし、SISTARの時代から日本に頻繁に来て、ファンのみなさんによく会っていましたが、それからはなかなか日本に来ることができませんでした。なので、早く日本のファンのみなさんに会ってお話をしたいなと思いました。今回は色んなファンのみなさんに会って、歌も歌ったり、楽しい思い出を作ろうと思い、そういう気持ちで日本に来ました。」と笑顔で話した。

 

また、日本でやりたいことは?との質問には「ネイルを日本でやりたい」「日本のネイルは可愛い」と話し、実は韓国でデビューしてからずっと日本人ネイリストにだけネイルアートをしてもらっているとも。

 

そんなヒョリンがトーク、ゲームコーナーを終えて歌ったのは、日本のアーティストSuperflyの「Bi-Li-Li Emotion」。続いて「I Choose To Love You」(널 사랑하겠어)、初めてステージで披露したという「To Do List」(내일할래)では感性ある歌声で会場を魅了した。



ヒョリンコールに導かれるように再登場したアンコールでは「Blue Moon」、続いてドラマ「主君の太陽」OSTの「Crazy of you」(미치게 만들어)でしっとりと聴かせた。ラストは2017年にアメリカで開催された世界最大のミュージックフェスティバル「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」で披露しアメリカbillboardからその歌声を絶賛されるきっかけとなったNicki Minaj、Ariana Grande、Jessie Jの「Bang Bang」をパワフルに歌い締めくくった。

 

ダンスナンバー、SISTARメドレー、バラード、日本語曲、洋楽など、まさに「泣いて笑える」大満足のひと時であった。









 

 

HYOLYN日本公式Twitter

@Hyolynjapan

 

▼オフィシャルサイト・ファンクラブ情報▼
日本オフィシャルファンクラブ「HYOLYN JAPAN OFFICIAL(ヒョリンジャパンオフィシャル)
URL:https://hyolynjapan.com

※当サイトはオフィシャルサイトとファンクラブを兼ねて運営しています。

会費:月額540円(税込)

※お支払いには「キャリア決済」「クレジットカード決済」をご利用いただけます。

 

 

 

 

 

text:MIO