【オリジナルレポ】人気急上昇中の若手俳優チャン・ギヨン、初の日本ファンミーティング『2019 JANG KI YONG JAPAN FANMEETING ~First Contact~』開催☆「皆さんの存在が僕にとって大きな力になっています」

 

人気急上昇中の若手俳優チャン・ギヨンが初来日ファンミーティング『2019 JANG KI YONG JAPAN FANMEETING ~First Contact~』を8月2日(金)に東京・山野ホールで開催した。

 

大歓声のなかステージにブルーのライトが差し込まれると、爽やかな白シャツと白いスニーカー、ダメージジーンズで颯爽と登場したチャン・ギヨン。マイクに向かいバラード曲「I LOVE YOU」の歌唱でオープニングを飾った。歌い終えると頭上で大きなハートを作り、この日を待ちわびた大勢のファン達から再び大歓声が沸き起こった。

 

「こんばんは、俳優のチャン・ギヨンです。ファンの皆さんとこんな風にお会いできてとても嬉しいです。今日は短い時間ですが皆さんと幸せな時間、そして良い思い出をたくさん作れたら嬉しいです。ありがとうございます」と挨拶した。

続けて「僕の震えている声が感じられましたか?」と実はかなり緊張していたと明かし、「僕自身はファンミーティングが2回目なのであまり緊張しないかな?と思っていたのですが、2回目のほうがもっと緊張しました」とはにかみながら話した。

 

 

イベントでは様々なコーナーを通してファンとの楽しい時間を過ごした。まず最初は『チャン・ギヨン取り扱い説明書』と題し、様々な質問に回答するというもの。美味しいものを食べるのが大好きだというチャン・ギヨン。引き締まった身体からは想像し難いが、実は「質よりも量」という大食漢だと話し、世界の食い倒れツアーをしたいと意外な面を見せた。またストレス解消のために家で音楽をかけながらダンスをしていると言い、会場に流れるBGMで即興ダンスを披露することに。普段の俳優姿からは見ることのできないダンスと恥ずかしがるチャン・ギヨンに会場は大盛り上がり。さらにパワーチャージは散歩、怖いものは虫、ハッピーになるのは総合格闘技UFCを見ているときだとも話した。

 

「アップグレードしたいことは?」の質問には「ミュージカルに出たいとは思っています。歌も好きなんです。僕自身はもともとモデルになるのが夢でソウルに行ったけれども、歌も好きなのでいずれはミュージカル俳優にもなりたいです。30代の半ばぐらいでしょうか。歌や発声練習もして機会があればミュージカルのステージに立ちたい。そんな夢も持っています」と今現在の新たな夢を語った。

 

次のコーナーではチャン・ギヨンが選んだ記憶に残るキャラクターベスト3を紹介。これまでの作品で演じたキャラクターから「ゴー・バック夫婦」のクールで完璧な好青年チョン・ナムギル、「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」の鋭い目つきの借金取りイ・グァンイル、WEBドラマ「ソムナム」のゲーマーでイケメン ギジェを挙げた。

 

「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」について「この作品は演技を皆さんに認めて頂くことにもなりましたし、本当にありがたい作品です。ぜひ一緒に仕事をしたいと思っていた監督でした。(キム・ウォンソク)監督と仕事ができて大変良かったですし、不思議な気持ちでもありました」と話した。会場で映像が流れた、USBをヒロインに渡すためにナムギルが奮闘するシーンについては「1話~15話まではヒロインであるIUさんに本当に酷いことをしてきました。酷いことをしながらも(グァンイルは)実際はIUさんのことを思い続けていたんですね。好きだからそんなことをしていたんだという・・・ちょっと理解するのは難しい感情なのですが、そんな切ない思いを考えさせてくれるシーンです」と感慨深げに話した。

 

イベントではファンと直接ふれ合う場面もあった。ドラマ名場面のコーナーで投票第1位に選ばれたドラマ「ここに来て抱きしめて」の1シーンを、抽選で選ばれた幸運なファンと一緒にステージ上で再現することに。2人きりになった寝室で、ヒロインにチャン・ギヨン演じるナムが「帰るの、やめようか。居て欲しい?」と聞き、ヒロインがナムの裾を掴むと「俺だけを見ていて・・・俺の声だけ聞いて」と目を離さずに伝えるというシーンだ。ステージ上でガチガチに緊張したファンを相手に再現演技を披露すると会場はキャーと悲鳴にも近い大興の歓声が。またイベント終盤のプレゼントコーナーではチャン・ギヨン自らの発案でプレゼントを直接ファンに手渡すという、予定には無かった展開へ。ステージから降りてファンの目の前に行きプレゼントの手渡し、さらに温かいハグまでするという大サービスに会場から拍手と歓声が沸いた。「なぜ突然客席に降りたのですか?」と司会者に聞かれると、「もっと近くでファンの皆さんにお会いしたかった」と話し、あらためてその誠実さが浮き彫りになった。

 

その他にもファンが選んだベストヘアスタイルや嘘発見器を使ったゲーム等で笑顔弾ける楽しい時間を過ごした。またユン・ジョンシン「遠いあの日」、さらにドラマ「ここに来て抱きしめて」のOST「楽園の木」を歌い上げその甘い歌声でファンを喜ばせた。

 

ファンミーティングでは8月7日に27歳を迎えるチャン・ギヨンへのサプライズが行われ『お誕生日おめでとう。生まれてきてくれてありがとう』と書かれたスローガンをファンが一斉に掲げた。さらにファンからバースデーソングの大合唱も贈られ、会場全体を幸せそうに見渡すチャン・ギヨン。「胸がいっぱいになりました。このように祝ってもらったことは初めてなので本当に嬉しいです。でもこの気持ちをどんな風に説明すればよいか分からない。本当にありがとうございます。愛してます。そして忘れられない思い出になりました」と目を潤ませながら感謝を伝えた。

 

公演最後の挨拶では「沢山の方が僕という俳優を愛して下さり、またわざわざ来て下さり、この空間のなかで同じ時間を過ごすことができました。皆さんの存在が僕にとって大きな力になっています。韓国に戻ったらこのワクワクした気持ち、嬉しい気持ちを忘れずに。そして感謝の気持ちを忘れずに俳優として頑張っていきたいと思います。なのでこれからも応援して僕のことを忘れないで下さい」と熱いメッセージを届けた。

 

興奮冷めやらぬまま公演終了後はハイタッチ会と団体写真撮影が行われ、イベントは幕を降ろした。若手俳優としてグングン成長してゆくチャン・ギヨン、さらなる大きな活躍に今後も目が離せない。



■ドラマ放送情報■

「KILL IT -キルイット-」(原題)

KNTVで10月27日(日)日本初放送スタート

毎週(日)後8:50~11:15 (※2話連続)ほか

 

https://knda.tv/kntv/program/kn191003/

 

 

 

 

text:MIO

写真クレジット:©FRAU INTERNATIONAL