「サムギョプサルは俺が焼く!」素材・焼き方・火加減など全てにこだわる”生サムギョプサル”を提供する韓国料理店「韓国食堂ケグリ」、2020年3月6日(金)GRAND OPEN!

作り手によって味にムラが出るサムギョプサルを、本場の技術を習得したスタッフが最高の状態、最高の食べ方で提供致します。

 
株式会社経営学部(本社:東京都板橋区、代表取締役:呉 英守)は、都内でも珍しい一度も冷凍していない生の豚肉を使用した、生サムギョプサルを提供する韓国料理店「韓国食堂ケグリ」を、2020年3月6日(金)にGRAND OPEN致します。


  • 都内でも数店舗?!生サムギョプサルを提供
生サムギョプサルとは、一度も冷凍されていない豚バラ肉を使用したサムギョプサルの事です。肉は一度冷凍してしまうと、どうしても味が落ちてしまいます。ケグリでは、毎日自分たちの目で確かめた、千葉県産の「チバザ・ポーク」を、冷凍されていない新鮮な状態で仕入れております。また、野菜に関しても毎日市場で仕入れる事で、いつでも美味しくて新鮮な野菜を提供致します。

チバザポーク:一年を通じて寒暖の差が少なく、養豚に適した温暖な気候である千葉県は、全国屈指の豚肉生産量を誇ります。そんな千葉県で、豚にストレスを与えないよう兄弟豚同士で育て、専用の配合飼料を与えるなど、たっぷりの愛情を注いだのがチバザポーク。きめが細かくやわらかな肉質が身上。銘柄の個性が際立つ、多彩な旨さが集います。


  • 「サムギョプサルは、俺が焼く。」
サムギョプサルに異常なこだわりを持つ店主。生サムギョプサルは、必ず技術を習得したスタッフが、お客様の目の目の前で作り上げます。素材へのこだわりはもちろん、焼き方、火加減、タイミング、並べ方にまでこだわり、最高の状態、最高の食べ方で提供致します。

<こだわり1>
サムギョプサルは一度も冷凍しない豚バラ肉を使います。焼肉でもそうですが、肉は一度冷凍するとどうしても味が落ちると。なので僕達は毎日市場に行き実際に自分達の目で見て良い国産のお肉を新鮮な状態で冷凍せずに仕入れています。鮮度や味、食感、全てにおいて高いレベルでご提供させて頂きます。


<こだわり2>
サムギョプサルで一番重要なのは豚肉の質ですが、その次に重要なのはサムジャン(サムギョプサル専用のお味噌)です。ケグリでは、このサムジャンをイチから手作りしています。このオリジナルのサムジャンと、生サムギョプサルの相性が最高の味を生み出します。


<こだわり3>
サムギョプサルとポックンパ(〆のやきめし)は、作り手によって味が変わります。ケグリでは、〆まで最高の味を楽しんでもらうために、技術のある限られたスタッフにしか作らせません。ポックンパは、ポックンパに合う専用のヤンニョムをイチから作り、そのヤンニョムと、サムギョプサルを焼く時に出た豚の油を使い、最終の仕上げをします。他店とは違うこだわりの味を是非お試しください。


  • 内装のこだわり
<個室>
メインフロアがポジャンマチャ(屋台)の雰囲気で、ワイワイガヤガヤな感じに対し、個室は落ち着いたオシャレな空間に仕上げました。天井から吊るされている照明は、屋台の照明をイメージしているので、落ち着いた中に遊び心を感じさせます。


<トイレ>
トイレは遊び心満載の使用になっています。男女兼用トイレは、今まで見てきた韓国ドラマ、映画の中でも本当におすすめの作品を360度全面に貼っています。おすすめの韓国ドラマ等知りたければスタッフにお声掛けください女性用トイレはアメリカニューヨークをイメージして作りました。韓国料理はやはり女性のお客様が多いので、女性の皆様を驚かせたい、喜ばせたいという思いで作りました。


<物販>
店内では、月に一度韓国に買い付けに行き、自分たちの目で見て本当に良い商品をピックアップ。韓国でしか売っていないレアな文房具などをほぼ原価で販売します。これまで韓国に行かなければ手に入らなかったレアな商品が手に入るかも!?


  • 【店舗情報】
店名   : 韓国食堂 ケグリ

住所       : 東京都板橋区大山町8-3 宮下ビル3F
アクセス : 東武東上線「大山」駅南口より徒歩1分
電話番号 : 03-5926-3613
営業時間 : 17:00~25:00 (L.O.24:15)
デリバリー(UBER EATS)、テイクアウトもほぼ全てのメニューで対応可能
定休日  : 毎週火曜日
平均予算 : 2,500〜4,000円

 

 


  • 【企業情報】
会社名  : 株式会社経営学部
住所   : 板橋区大山町8-3 宮下ビル3F
代表取締役: 呉 英守
事業内容 : 飲食店の経営
連絡先  : 03-5926-3613