「兼近レベル100」で話題のK-POPアーティストとは?


21日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に「K-POPアベンジャーズ」SuperMが出演。


リモート出演で、圧巻のパフォーマンスを見せたSuperMだが、EXIT兼近から

「兼近レベル100」と言われるK-POPアーティストが話題になっている。


 

そのアーティストとはSuperMのメンバーであり、

NCT 127のメンバーのマーク。

 

この日同じく同番組に出演していたお笑い芸人のEXIT兼近が、SuperMのパフォーマンス後に「兼近レベル100の方がいますね」と自身に雰囲気の似た人がいるとボケると、すぐさまTwitterにて多くの反応が。

 

「兼近100レベルにめっちゃ笑ったよ」

「兼近100が止まらない」

 

「兼近レベル100で腹筋死んだwww」

「兼近レベル100、トレンド入り。わろた大爆笑」

 

 

「兼近レベル100」はすぐに日本のトレンド入りするなど、大きな反響を呼んだ。

 

 


NCT 127(エヌ・シー・ティー・イチニナナ)は韓国出身の次世代ダンスボーカルグループで、


グループ名は「Neo(ネオ)」「Culture(カルチャー)」「Technology(テクノロジー)」の頭文字を取った造語で、「新しい概念でシーンを牽引していく」という意味合いが込められたもの。

 

2020年3月韓国発売の『NEO ZONE』で120万枚以上を売上げ、23週連続で米ビルボード各種チャートにランクインし続ける世界基準のグループだ。

 

先日、12月23日に日本オリジナルミニアルバムの発売や、

メンズノンノウェブでの連載も発表されいてた。

 

今後日本でのマークとEXIT兼近との共演はあるのかにも注目が集まる。