来る9月30日「六本木スタイル」で日本進出を計画していたPSY(サイ)が、日本のリリースタイトルも原曲のまま「江南(カンナム)スタイル」とすることが明らかになった。
 
当初、日本での進出にあたっては東京の中心地「六本木」の地名を使用することでトレンドを強調しようとの狙いがあったが、「江南スタイル」の発表後は、同曲が本国だけでなくグローバルに反響を得たことから、ヤン代表とサイが話し合って原曲のままで行くことを決めたという。

 

今後、世界のどの市場に進出しても「江南スタイル」というタイトルそのままとし、また外国語で改詞する場合にも”江南”という地名と”男”という言葉はハングルのまま表記するという内容も決定した。

 

 

(写真:YG Entertainment)