カムバックするKARAが「PANDORA」ティザーのスンヨン編を公開する一方で、発表前の新曲音源の流出事故が起き、カムバック日程の調整に乗り出したことがわかった。
 
当初KARAは来る22日にカムバックショーケースを開く予定だったが、17日放送されたKBS 2FM「スーパージュニアのkiss the radio」(以下シュキラ)で未発表の新曲が誤ってオンエアされてしまった。

 

放送直後”シュキラ”は公式ツイッターを通じ、「KARAの未発表の新曲が放送されてしまった。KBS審議通過のみを確認してアルバム発売済かの確認を怠っていた。”シュキラ”を大切に思ってくださる皆さんは本日の放送分を共有しないでください」というメッセージを発した。

 

現在”シュキラ”はこの日の放送の再ストリーミング等は停止している状態だが、放送を聴いたリスナーらによるファイル共有などでの拡散が懸念されている。

 

DSPメディア関係者は「プロモーション日程に支障が生じた。音源がすでに出回った状況なので音源発売を変更する案を検討している」と語っている。

 

 

(DSP Media)