事前のティザーで19禁の表記を施し注目を集めていたG-DRAGONの新しいアルバム先行公開曲「そのXX」が、ミュージックビデオに関しては該当する歌詞部分に対策を行い未成年の視聴も可能にすることになった。
 
G-DRAGONの所属事務所YGエンターテイメントによれば、今日(31日)深夜にYoutubeなどを通じて公開される予定の「そのXX」ミュージックビデオでは、問題となる歌詞部分に、いわゆる「ピーッ音」を入れることを緊急決定した。

 

今回の決定は、アーティストの創作行為をいかなる場合においても制限しないというYGのヤン·ヒョンソク代表の決断としては異例だが、10代のファンも含めより多くの人にミュージックビデオを観てもらおうとするファン目線にたってギリギリの判断を下した模様だ。

 

 

(画像:YG LIFE BLOGより)