飲酒事故により自粛していた2PM・ニックンの復帰が公式発表された。

 

JYPエンターテインメントは5日午後、ニックンがMBCのプログラム『コイカの夢』奉仕団の一員としてアフリカ・タンザニアに出国すること機に、今後のスケジュールを再開すると発表した。

 

以下はJYPエンターテインメントの公式報道資料より

 

〜弊社の所属アーティスト、ニックン君がMBC『コイカの夢』の第2奉仕団のひとりとして恵まれない方々に愛と希望を届けるため、きょう(5日)午後、タンザニアに出国いたします。これまでニックン君は、5年間たくさんの愛を寄せてくださったみなさんと、特に自身を家族のように大切にしてくださった韓国で大きな過ちをおかしてしまったことについて、深く謝罪し、自身の振る舞いを振り返る自粛の時間をすごしてきました。

十分では無いかも知れませんが、番組の立派な趣旨に共感し、現在実行中のボランティア活動の延長として力を尽くす良い機会だと思い、慎重に考えた末、参加することにいたしました。さらにニックン君はすでに契約を結んでいるパートナーたちの損害を防ぐため、スケジュールが整理でき次第、今後の予定を進行していく予定です。もっと謝罪し自粛しなければならないのですが、困難な状況にある方々のために、良いボランティアの機会を活かして、さまざまなパートナーにこれ以上損害を与えることはできないと判断し、このような決定を下しました。どうか寛容に受け入れてくださることをお願いします。〜

 

 

ニックンは7月24日午前2時45分頃、ソウル・江南区の住宅街で飲酒状態で車を運転しバイクに追突事故を起こし、その後自粛の時間を過ごしてきた。

 

なお、延期されていたシングル「マスカレード ~Masquerade~」についても、11月中旬の発売に向け現在調整中であることと、来春には日本での全国ツアーを計画していることについても触れられた。

 

 

(C)JYP ENTERTAINMENT (C)Sony Music Entertainment