U-KISSのドンホが胸膜炎で緊急入院した。
 
U-KISSの所属事務所によると、ドンホは12月午前、予定されていたスケジュールのため移動していた際、胸の痛みを訴えて病院に緊急搬送された。医師により胸膜炎と診断され、現在は手術が必要かどうかの判断を待っている状態だという。

 

U-KISSは現在、韓国で先月にリリースした7枚目のミニアルバム『Spot Girl』のプロモーション中で、また日本でのアルバム制作のためスケジュールの最中であった。さらにドンホはこの他、映画『Don’t Cry Mommy』のプロモーションや、個人的には大学入試の面接などが控えていた。

 

所属事務所は「体のことが第一でありドンホのスケジュールはすべてキャンセルした」としながら「しかしドンホは医師の反対にも関わらず大学の面接を受けたいと訴えており、症状の経過を見てみる予定だ」と伝えている。

 

U-KISSはドンホを除く6人のメンバーで当面の活動を続ける予定だ。

 

(C)NH Media