現在韓国で観客動員数1000万人目前の大ヒットとなっているイ・ビョンホン主演の宮廷歴史大作、『王になった男』(2013年2月全国公開 配給:CJ Entertainment Japan)が、韓国のアカデミー賞とも言われる大鐘賞にノミネートされた。

 

『王になった男』は国際的スターとなったイ・ビョンホンが、初の時代劇に挑む歴史大作。暴君として知られる朝鮮第十五代王・光海君(クァンヘグン)と、王に瓜二つだったために彼の影武者となる心優しい道化師のハソンの一人二役を演じ絶賛された。

 

韓国では9月13日から公開され、『バイオハザードV リトリビューション』などのハリウッド大作を押しのけて興行成績No.1となり、950万人を動員(10月18日現在)。10月17日に発表となった大鐘賞への14部門でのノミネートは、今週末にも観客動員1000万人を超えるとみられている本作の追い風となるだろう。

 

今回イ・ビョンホンは10月6日釜山映画祭でのトークイベントで「1000万人は達成できる可能性が十分にあるので、僕は1300万人突破したら…という公約でいいでしょう?1300万人達成したら、劇中の王の格好で観客の皆さんに挨拶しに行きます!」と約束。

 

しかし、『RED/レッド』続編のロンドンでの撮影のために韓国を後にするイ・ビョンホンは、まだ記録到達前だが、10月13日(土)に、ソウルCOEXアセム広場で、大ヒット感謝イベントを実施し、「王の衣装で挨拶」という公約を守った。
 

 

 

 
当日は、チュ・チャンミン監督と、イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、キム・イングォンらが映画の中の衣装で勢ぞろい。イ・ビョンホンたちは、選ばれた幸運なファンを抱きしめたり、キャンディをお互いの口にはさんで渡すキャンディキスをしたりと大サービス。

 

今までにイ・ビョンホンが出演した映画の中で最高のヒットとなった『王になった男』のためとあって、始終和やかで楽しいイベントとなった。(これまでの最高記録は「グッド・バッド・ウィアード」の688万人)

 

大鐘賞の発表は、10月30日に行われる。

 

 

 

『王になった男』
絢爛豪華な王朝時代、歴史から消された15日間があった -
1616年、朝鮮第十五代王・光海君(クァンヘグン)。権力争いのため毒殺の危機に怯える暴君・光海と瓜二つだった道化師のハソンは、王の影武者をつとめることになる。彼を王に仕立て上げる重臣たち、王を偽物ではないかと疑う家臣たち、そして心が通い合わなくなっていた王の突然の変化に戸惑う王妃—。さまざまな人間関係が複雑に絡み合う宮中で、平民であるハソンは戸惑いながらも、次第に操り人形ではない民のことを考える真の王としてまわりを魅了していく―。
 

イ・ビョンホンは暴君である光海君と心やさしい道化師のハソンの一人二役に挑戦。まったく性格の異なる役を完璧に演じ分け、すでに公開されている韓国でも大絶賛されている。脚本は『オールド・ボーイ』のファン・ジュエン、監督は『麻婆島(マバド)』『あなたを愛しています』のチュ・チャンミンが手掛けている。 絢爛豪華な王朝時代を背景に、歴史から消された15日間に“王となった男”を緻密な構成とドラマチックな展開で描いた、2013年を代表する歴史大作。
 




 
2012年/韓国/131 分
監督:チュ・チャンミン (『麻婆島(マバド)』『あなたを愛しています』)
脚本: ファン・ジュエン(『オールド・ボーイ』)
キャスト:イ・ビョンホン/リュ・スンリョン/ハン・ヒョジュ/キム・イングォン/シム・ウンギョン
配給:CJ Entertainment Japan
製作:リアルライズピクチャーズ
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
2013年2月 全国ロードショー