エイリーの過去の写真によるワールド人脈が明らかになり話題になっている。

 

25日、各種オンラインコミュニティに「エイリー、嵐のワールド人脈」というタイトルで複数枚の写真が掲載された。

 

写真のエイリーは化粧気もなく、やや幼く地味な姿で多くのワールドスターたちと並んでポーズを取っている。

 

一緒に写っているのは、音楽プロデューサーで数多くのプラチナアルバムを製作、グラミー賞3度の受賞に輝くPharrell Williams、アメリカのラッパーで俳優、2006年『Be』でグラミー賞を受賞したCommon、米国のヒップホップ歌手で俳優、これまた多数のプラチナアルバムを生み出しているBusta Rhymes、歌手アリシア・キーズの夫であり、世界的なプロデューサーのSwizz Beatzといった面々だ。

 

在米韓国人三世で、大学途中までアメリカで暮らしていたエイリーは、学生時代に趣味でYouTubeに挙げた歌唱動画が話題となり、18歳のときにはアメリカNBCの有名トークショー”Mauryshow”に出演、そのずば抜けた歌唱力が話題を呼んだ。そのような経緯からこれらポップスターたちの関心を受け、このような写真を撮る機会に恵まれたということだ。

 

一歩遅れてこれらの経歴が明らかになったエイリーは、現在16日に発表されたミニアルバムのタイトル曲『見せてあげる』で活発に活動中だ。

 

 

(写真:オンラインコミュニティより)