SMTOWN東京公演、大盛況のファイナル!!

今年で日本での開催が5回目を迎えた「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IN JAPAN」。7月15日、16日の

京セラドーム大阪公演に続き、東京ドームでの公演が7月27日、28日に行われた。4万5千本のピンクのペンライトで彩られた会場に

最初に登場したのはNCT Dream。昨年、正式にデビューした彼ららしいフレッシュな魅力全開で『My First and

Last』を歌い踊り客席を盛り上げた。



このSMTOWN LIVEは、ビッグなアーティストのステージが次々と展開されるだけではなく、普段は別のグループで活動し

ているメンバー同士のコラボレーションが見られるのも特徴。今回は、そのコラボが2曲目で早くも実現。天上智喜The Grac

eのSUNDAYとNCTのDOYOUNGがデュエットで『Still』を聴かせ、客席を甘い気分にさせてくれたのだ。その後も

ライブ前半で様々なコラボが実現。大先輩・KANGTAとの共演にYESUNG(SUPER JUNIOR)が緊張しながらも美

しい歌声を聴かせてくれた『Gray Paper』。溶け合う2人の歌声が、とてもムーディーだったCHANYEOL(EXO)

×WENDY(Red Velvet)の『Stay with Me』。MARK(NCT)がラップで参加したHENRY(SUP

ER JUNIOR-M)との『I’m good』や同じくMARKとXIUMIN(EXO)が背負ったリュックを放り投げるユニ

ークなダンスを見せてくれた楽しくハッピーな楽曲『Young&Free』など、このライブでしか見られないスペシャルなコラボ

が次々と繰り出され、その新鮮な光景に4万5千人から歓声が沸き上がったのだ。



さらに、実力派アーティスト揃いのSMTOWN LIVEならではのソロステージもタップリ。少女時代のTIFFANY、SE

OHYUN、TAEYEONやf(x)のLUNA、SHINeeのTAEMINとJONGHYUNが、グループのときとはまた違

う、それぞれの個性を光らせた。中でもSUPER JUNIORのYESUNGが行った日本の名曲のカバーメドレーには客席が

大盛り上がり。YESUNGが差し出したマイクに向かい、4万5千人も大声で楽しそうに歌っていた。

もちろん観客は、各グループのパフォーマンスも堪能。EXOからの初の派生ユニットとして今年5月に日本デビューを果たしたE

XO-CBXがキャッチーな楽曲『Ka-CHING!』で会場中を楽しませれば、NCT UやNCT127は、他のグループには

ない独特の世界観とデビュー間もない新人とは思えない高度なパフォーマンスで4万5千

人を魅了する。そして、Red Velvetや少女時代、SHINee、EXO、BoAら、SMTOWN LIVEではお馴染み

のメンバーは、やはり安定感抜群。『Gee』(少女時代)、『Everybody』(SHINee)、『Coming Over』

(EXO)などの大ヒット曲を繰り出し、客席を熱狂させた。このステージ中にSHINeeが9月に3年連続となるドーム公演を行

うことを発表し(9月2日~3日、東京ドーム、9月23日~24日、京セラドーム大阪)拍手喝采を浴びれば、BoAは、韓国で配信さ

れたばかりだという新曲『CAMO』を、今回のSMTOWN LIVEでだけ披露。彼女らしいクールな楽曲で初めて聴くであろう

オーディエンスを虜にしたのだ。







S.M.ENTERTAINMENTに所属するアーティストは、カムバックの場にSMTOWN LIVEを選ぶこともしばしば。

今回、それを果たしたのがSUPER JUNIORのDONGHAE&EUNHYUK

と東方神起のYUNHO。ライブ終盤に始まったSUPER JUNIORのコーナーで他のメンバーが揃う中、最後にDONGHA

EとEUNHYUKがステージ下からせり上がってきた瞬間、4万5千人は大熱狂。ファ

ンたちが、いかにこの日を待ち焦がれていたかが伝わってきた。そんなファンに向かい、

DONGHAEは今日のために書いてきたと

いう感謝の手紙を読み上げ、EUNHYUK

は「ただいま! これからはずっと一緒ですよ」と挨拶。『Sorry Sorry』や『BONAMANA』『Devil』といっ

た人気曲を披露し、ファンを喜ばせてくれた。SUPER JUNIORは1024日、25日に横浜アリーナでファンイベントを開催する

ことも発表。DONGHAE&EUNHYUKの復帰で、彼らの日本での活動がさらに加速することは間違いない。





東方神起のイメージカラーである赤で染まった東京ドームに、まるで王の帰還のように登場したのがYUNHO。大勢のダンサーを

従えて『Drop』を歌い踊る姿は、さすがの存在感。YUNHOが放つ圧倒的なエネルギーに観客の目はステージに釘付けにされる。

4万5千人の歓迎を受け、「会いたかったぜ! このステージに立つのは約2年ぶりかな。やはり東京ドームは僕にとって意味がある場

所です」とYUNHOも感慨深げ。「CHANGMINも、もう少しだから。東方神起の

完全復活も期待していてください!」と客席に呼びかけると、ファンの喜びが爆発した。そして、トロッコでアリーナを移動しながら

『Mirotic』『Why』『We are!』『Somebody to Love』

といった大ヒット曲をメドレーで熱唱。4万5千人も一緒に歌い、広い会場が完全にひとつになっていた。