ガールズグループ•ダルシャーベットのリーダー・ヴィッキーが脱退を発表した。
 
24日、所属事務所ハッピーフェイスエンターテイメントは「2011年1月4日ダルシャーベットの活動を始めたリーダー・ヴィッキーは、ソロ活動のためグループから脱退することになった」と伝えた。

 
24日午前には公式ファンカフェを通じて「こんにちは。ダルシャーベットのヴィッキーです。久しぶりに挨拶する私は皆さんに悲しいニュースを伝えなくちゃならないようです」と手書きメッセージを公開した。

 

その内容は「これまでリーダーとして活動しながらファンの皆さんのおかげで嬉しくて幸せなことが多かったですが、私は今回の麗水でのスケジュールを最後にダルシャーベットの公式活動を終了することにしました。とても驚いたでしょう?でも、すぐにお目にかかりますから。ヴィッキーのソロ活動期待してください」というものだ。

 

さらに「今後ダルシャーベットのメンバーと一緒に挨拶することはできませんが、私たちのダーリン、心の中ではヴィッキーをを忘れないでね。これからも変わらずダルシャーベットをたくさん愛し、そしてすぐにお知らせするヴィッキーのソロに変身した姿もたくさん期待してください」と応援をお願いした。 ヴィッキーは来る27日麗水(ヨス)万博祝賀公演スケジュールが最後となる。

 

 

 

(画像:公式ファンカフェより)