チョ·グォンのソロ1集’I'm Da One “が25日公開された。
 
エレクトロダンスをベースにロック、ポップバラード、ハウスなど、初のソロアルバムとしては異例の10曲という多彩な音楽を盛り込んだ今回のアルバムは、パン·シヒョクプロデューサーの元、国内外から20人の著名な作家陣が参加している。

 

マドンナを手掛けた世界最高のDJAvicii、イギリスで人気急上昇中の新人作曲家ローレン・ダイソン、カニエ·ウェスト、マライア・キャリーなど海外トップスターと作業したケン·ルイスなどだ。

 

グォン自身は練習生時代を含めて12年間待ちに待ったソロアルバムであるとして、その意気込みも半端ではない。先行曲の「アニマル」では、なんと19.5cmの超ハイヒールを履いて踊る予定であるという。

 

韓国メディアとのインタビューでグォンは「今度の曲の振付コンセプトに合うような、セクシーさとパワフルさを表現する方法としてヒールを思い出した」「missAのダンスをした時にヒールを履いて踊ったが大丈夫だった」「アメリカから輸入した女性用ヒールなのにわたしにピッタリだ」などと語っている。

 

その注目のチョ·グォンは、来る29日KBS2「ミュージックバンク」で初のソロ舞台を披露する。

 

 
(画像:BigHitエンターテイメント)