(画像はイメージです)
 
 
韓国の機械メーカー東部ロボットが、少女時代、スーパージュニアなどK-POPスターの歌と踊りを再現するロボットを発売する。

 

東部ロボットはアイアールロボット、オーシャンブリッジイエンティともに”K-POPスターロボットコンソーシアム”を構成し、年末までにK-POPスターに関連したロボットを発売するなどの内容を盛り込んだ覚書(MOU)を締結したと25日に発表した。

 

東部ロボットの関係者によると、「ロボットのリリースとアプリの提供インフラ構築が完了すると、世界中の人が自分の好きなKポップスターのロボットを購入して、そのスターの音源とダンスをアプリでダウンロードしてロボットに連動して楽しむことができる」と語る。ロボットの音源とダンスはAndroidマーケットやAppストアなどから提供されるという。

 

今回のコンソーシアムにおける東部ロボットの役割はロボット製作で、そのロボットは高性能モーターを用いた20個以上の関節を使い、頭、腰の他、大腿部、股関節まで自由自在に動かせるようにする予定だという。

 

いやはや何ともすごいことだが、しかし少女時代を完全再現となると9体のロボットが必要になるのだろうか…。