T-ARAが直接社長を説得して今年下半期の地上波3社のドラマ制圧に乗り出す。

 

T-ARAの所属事務所コアコンテンツメディアは、T-ARAが、今年はアルバム発売、日本での活動、コンサートなどの音楽活動に専念をする予定としていたところに、メンバーたちが直接キム·グァンス代表を訪ねて説得したと発表。

 

キム·グァンス代表はT-ARAのメンバーが国内カムバック、日本の活動、コンサートやファンクラブ創立など忙しい日程のために心配しているとしたが、メンバーたちが「若い時の苦労は買ってでもするという言葉があるよう、時間を割いてでもしたいことをすべてやってみたい」と意見を伝えたという。

 

T-ARAメンバーの説得によりキム·グァンス代表は「大変だがお前たちがしたいのなら許可する」という立場を伝え、これにより、かねて検討中だったドラマなどのオファーを引き受けることが確定した。

 

ウンジョンはSBS週末ドラマ「五本の指」に主人公役で出演。父が突然の事故で亡くなり、厳しい環境の中にも夢をあきらめないキャラクターを演じ、ヒョミンは7年ぶりに復活したMBC金曜ファンタジーコメディ「千の男」で九尾狐役を引き受けて魅力的な九尾狐の役を披露する。

また、リーダーソヨンはKBS月火ドラマ「海雲台の恋人たち」で演技に挑戦。ソヨンは魅力ある”イグァンスン”役を引き受けた。

 

メンバーらは「音楽活動、演技活動どれ一つ疎かにせずに頑張っている姿をお見せしたい」と覚悟を固めていという。

 

一方、ティアラは28日(木)新曲の超大型SFミュージックビデオ”DAY BY DAY “ティーザーを公開して爆発的な反応を受けており、今日(29日)ミュージックバンク上半期決算に出演のために日本のコンサートツアー中に韓国に一時帰国して明日(30日)午前初便でまた日本に向かう。

 

 

(画像:コアコンテンツメディア)